• このエントリーをはてなブックマークに追加

通信で社会福祉士の資格を取得してケアマネとして働きたい

ケアマネージャーとは、介護支援専門員のことをいいます。介護支援専門員とは、介護保険制度の下でケアプランを作成したり、行政や介護サービスを提供している事業者と連絡及び調整をするなどの仕事をする人のことです。ケアマネージャーとして働くためには、介護福祉士や精神保健福祉士、看護師、理学療法士といった法定資格に加えて5年以上の実務経験が必要になります。法定資格を持たない場合には、10年以上の実務経験が必要です。 その法定資格の1つが社会福祉士です。保健や医療、福祉、行政といった専門知識を活用して、介護が必要な高齢者や障害者、児童といった社会的弱者のサポートをするのが主な仕事になります。最近では医療機関で医療ソーシャルワーカーとして働いている人もいますし、学校などの教育機関でスクールソーシャルワーカーとして働いている人もいます。

仕事内容と資格取得のメリットについて

社会福祉士は、高齢者や障害者といった人々と接する機会が多いので、専門的な知識の他にもコミュニケーションスキルが求められます。親身になって話を聞いたり、高齢者や障害者の方や、その親族の方が話しやすい雰囲気をつくることも重要になります。また、行政機関や介護サービス事業者とのやり取りも多いので、円滑に業務を進めるためにも、コミュニケーションスキルは欠かすことができません。高い倫理意識も必要です。 また、現在日本では高齢化社会が急激に進んでおり、福祉に関わる職業の需要は年々増加しています。資格を持たなくてもケアマネージャーとして働くことができる場合もあります。しかしながら、募集する時に資格を持っていることを条件としている場合も多くあります。国家資格を持つことで就職や転職の際に有利になります。また、待遇面で優遇されることもあります。

通信で資格を取得することはできるのか

社会福祉士になるためには、国家試験を受ける必要があります。そのためには受験のための勉強をしなければなりません。福祉士を目指す人の中には、学校に通うのではなく通信を利用して勉強をする人もいます。 通信課程のメリットは、通学にかかる時間を省くことができるというところにあります。そのため、仕事を持って働きながらでも必要な知識や技能を身につけることができます。実際に介護施設など福祉の現場で働きながら、資格取得を目指している人も多くいます。

ピックアップ記事

社会福祉士資格を通信でとって企業に就職<

社会福祉士とは、福祉系三大国家資格のうちのひとつです。精神保健福祉士・介護福祉士と並ぶ福祉分野のエキスパートであると言えます。主な仕事内容は、医療や福祉、教育施設等において、病気や障害が原因で日常生活...

通信教育で受験資格を取得して社会福祉士になろう

これからの社会福祉を具現化していく役割を担うものに、与えられる国家資格が社会福祉士です。国民が幸せに暮らしていくために必要な支援を行っていく専門職であり、人間愛に基づいた倫理観や価値観、人や社会のシス...

ニーズの高まる社会福祉士を通信で目指す

日本社会は高齢化が進んでいるといわれています。それにより、福祉という物の重要性について多くの方が認識し始めてきました。ニュースなどでも福祉の在り方について取り上げられることも増えてきています。高齢者に...