• このエントリーをはてなブックマークに追加

社会福祉士資格を通信でとって企業に就職<

社会福祉士とは、福祉系三大国家資格のうちのひとつです。精神保健福祉士・介護福祉士と並ぶ福祉分野のエキスパートであると言えます。 主な仕事内容は、医療や福祉、教育施設等において、病気や障害が原因で日常生活を営む上で困難であるある人に対して、助言や指導、援助を行うという内容になります。具体的には、施設を利用する利用者や家族の相談に乗る仕事があります。その他、内容に応じて公的支援やサービスの情報を提供、提案し、必要な手続きなども代行します。また自立した生活が送れるようプランニングも行います。 相談業務を行う場合、採用された企業や施設によって、生活相談員やソーシャルワーカーなどとなっていることがあります。相談員として働く場合は必ずしも資格は必要ではありませんが、名称独占資格のため、社会福祉士と名乗る場合は資格を取得しておく必要があります。

国家試験の受験資格と主な就職先企業

資格は、国家試験に合格すると取得することができます。気になるのは、資格取得後の就職先でしょう。資格取得後の就職先としては、社会福祉協議会や事務所、児童福祉施設、障碍者施設、老人福祉施設などがあります。また、医療施設や行政機関なども選択肢に入ります。相談員としての仕事はそれほど多くないのが実情ですが、社会福祉制度は複雑な上、頻繁な改正が行われていますので、社会福祉士は、今後ますます重要性が増し、需要が増えることが見込まる仕事だと言えるでしょう。

通信で効率よく受験資格取得の学習を

これまで見てきたように、福祉系大学を卒業していなくても、一般の大学を卒業しているか、充分な期間の実務経験があれば、養成機関で学ぶことで国家資格の受験資格が得られます。 日中は仕事で忙しく、養成機関に通学する時間がない場合は、通信教育で学ぶことも可能になっています。ふだんは自宅で学習を行い、定期的なレポートや課題の提出によって評価されます。また、年に何度かスクーリングに通って現場で役立つ知識と技能を直接学ぶ機会を得ることができます。 通信教育は継続して学習を続けるのが難しい場合がありますが、多くの講座でメールや電話での個別相談やサポート体制が整っていますので、これらを積極的に利用しましょう。また、国家試験対策講座を開講しているところも多いため、試験前には、このような講座を活用して総まとめを行うといいでしょう。

ピックアップ記事

社会福祉士資格を通信でとって企業に就職<

社会福祉士とは、福祉系三大国家資格のうちのひとつです。精神保健福祉士・介護福祉士と並ぶ福祉分野のエキスパートであると言えます。主な仕事内容は、医療や福祉、教育施設等において、病気や障害が原因で日常生活...

通信教育で受験資格を取得して社会福祉士になろう

これからの社会福祉を具現化していく役割を担うものに、与えられる国家資格が社会福祉士です。国民が幸せに暮らしていくために必要な支援を行っていく専門職であり、人間愛に基づいた倫理観や価値観、人や社会のシス...

ニーズの高まる社会福祉士を通信で目指す

日本社会は高齢化が進んでいるといわれています。それにより、福祉という物の重要性について多くの方が認識し始めてきました。ニュースなどでも福祉の在り方について取り上げられることも増えてきています。高齢者に...