• このエントリーをはてなブックマークに追加

ニーズの高まる社会福祉士を通信で目指す

日本社会は高齢化が進んでいるといわれています。それにより、福祉という物の重要性について多くの方が認識し始めてきました。ニュースなどでも福祉の在り方について取り上げられることも増えてきています。高齢者に対する物だけではなく、子供に関する物や障害者に関するものなど、様々な問題が社会の中にはあります。これまでは地域や家族のつながりでカバーしてきた部分が、個を重視する生活スタイルが多くなったために人とのつながりが希薄になり、失われてきているという事もあるのです。そういった時に社会的弱者が人としての尊厳を失わずに暮らしていけるように相談する先として、社会福祉士のニーズが高まっていくということができます。興味のある方はぜひこの資格取得に挑戦してみましょう。

受験資格をクリアすることが必要

社会福祉士として仕事をするためには、試験を受けて資格取得をするということになりますが、その受験には受験資格があるということが最大の難関といえます。福祉系の大学で専門のコースを設けているところでなければ、受験資格となる科目の履修ができないので、まずはこうした学校を探して入学することが必要になります。高校生などでこれから大学を目指すという場合は、こうした資格取得につながるかという事を学校選びのポイントにしておきましょう。まず受験資格を満たすことができなければ、資格取得ができないからです。ニーズが高まるにつれて、こういった受験資格が得られるコースは難易度が高くなっていくと考えられますので、早めに進路を決めて勉強することが必要だということができるでしょう。

社会人の方も通信で受講する手がある

社会福祉士の仕事がしたいと考えている方の中には、学生さんだけではなく社会人として社会の中で働いているという方も多いでしょう。福祉系以外の大学を出ている方や、福祉系の大学でも受験資格が得られないコースであった方もいるはずです。そういった方の場合、学校にもう一度通うということが難しくなるという事もあります。働きながら学校に通うという時間を確保することは困難だからです。そこで、時間が無い方は通信で受講できる学校を選びましょう。実習やスクーリングの時間さえ確保できれば、他の学習は仕事がない時間に進めていくことができるので、仕事を休んで収入が減るという心配も少なくなります。社会人として働いているからと自分の進む道をあきらめる必要はありません。ぜひ通信という形を利用して夢をかなえていきましょう。

ピックアップ記事

社会福祉士資格を通信でとって企業に就職<

社会福祉士とは、福祉系三大国家資格のうちのひとつです。精神保健福祉士・介護福祉士と並ぶ福祉分野のエキスパートであると言えます。主な仕事内容は、医療や福祉、教育施設等において、病気や障害が原因で日常生活...

通信教育で受験資格を取得して社会福祉士になろう

これからの社会福祉を具現化していく役割を担うものに、与えられる国家資格が社会福祉士です。国民が幸せに暮らしていくために必要な支援を行っていく専門職であり、人間愛に基づいた倫理観や価値観、人や社会のシス...

ニーズの高まる社会福祉士を通信で目指す

日本社会は高齢化が進んでいるといわれています。それにより、福祉という物の重要性について多くの方が認識し始めてきました。ニュースなどでも福祉の在り方について取り上げられることも増えてきています。高齢者に...