• このエントリーをはてなブックマークに追加

通信教育で受験資格を取得して社会福祉士になろう

これからの社会福祉を具現化していく役割を担うものに、与えられる国家資格が社会福祉士です。国民が幸せに暮らしていくために必要な支援を行っていく専門職であり、人間愛に基づいた倫理観や価値観、人や社会のシステムに関する様々な知識、支援に必要な技術を兼ね備えた人物であることが、求められています。社会福祉士は日本の法律で定められた国家資格になっていますが、国際的にはソーシャルワーカーと呼ぶことができます。社会福祉に関する制度は、国によって違いがありますがソーシャルワーカーが基盤とする価値などには万国共通のものがあります。 自発的な福祉活動の担い手をはぐくんでいくため、学校や公民館などと福祉専門職の人たちが連携して福祉教育が行われています。誤解や偏見や差別をなくし、共に暮らしていくうえで必要なことを学ぶための支援も社会福祉において、大切なことになっています。

受験資格を得るための主なルート

毎年1回国家試験が行われていますが、この試験を受験するためには受験資格を得なければなりません。国家試験に合格して登録することで、この社会福祉士の資格が得られることになります。受験資格を得るためのルートは、福祉系大学ルート。行政職短期養成施設ルート。福祉系大学等短期養成施設ルート。一般養成施設ルート。がおもなルートになっています。4年制の福祉系大学で、指定科目を履修して卒業する。2年制あるいは3年制の短期大学で履修して、指定施設で実務経験を経て取得するルートこれらが主なものです。 一般養成施設等ルートは、福祉系でない大学や短期大学を卒業したもののために、厚生労働省が指定する1年以上の一般養成施設で、専門知識を学びながら国家試験を受験する資格が取れる、施設になっています。

働きながら自由な時間で学習ができる

一般の養成施設は、通信教育を行っている施設もありますので、近くに養成施設がなかったり通学が困難な場合には、通信教育を利用すると大変に便利になっています。通信教育の便利なところは、自分の都合に合わせて学習することができる点にあります。ですから働きながらでも、学習することが可能になりますので、福祉関係の職場に転職を目指しているといった人たちにとっても、学習が大変にしやすいものになっています。 社会福祉に関する法律も年々改訂されて、国も社会福祉が充実した国を作ろうと頑張っています。国の制度と困っている人たちをつなぐソーシャルワーカーの仕事は、年を経れば経るほど、その需要は高まってきています。国家資格を取得して、福祉制度をみんなに伝えていきましょう。

ピックアップ記事

社会福祉士資格を通信でとって企業に就職<

社会福祉士とは、福祉系三大国家資格のうちのひとつです。精神保健福祉士・介護福祉士と並ぶ福祉分野のエキスパートであると言えます。主な仕事内容は、医療や福祉、教育施設等において、病気や障害が原因で日常生活...

通信教育で受験資格を取得して社会福祉士になろう

これからの社会福祉を具現化していく役割を担うものに、与えられる国家資格が社会福祉士です。国民が幸せに暮らしていくために必要な支援を行っていく専門職であり、人間愛に基づいた倫理観や価値観、人や社会のシス...

ニーズの高まる社会福祉士を通信で目指す

日本社会は高齢化が進んでいるといわれています。それにより、福祉という物の重要性について多くの方が認識し始めてきました。ニュースなどでも福祉の在り方について取り上げられることも増えてきています。高齢者に...