• このエントリーをはてなブックマークに追加

通信教育で社会福祉士になるには

社会福祉士になるには、福祉系の大学を出る必要があります。そこで決められた単位を取って、国家試験に合格すれば、この仕事をできるようになります。社会人の方の場合は、大学に行くのが難しい場合もあるでしょう。そんな時は通信教育を受けましょう。その方法で社会福祉士になるには、テキストの勉強と、スクーリングを受けることが必要になります。大学にくらべてこちらのコースの方がハードルが低く、普通に働いている方にも向いています。普通の大学だったら、昼間の授業に出なければなりません。しかし、この方法だったら、授業に出る必要はまったくありません。会社員の方でも、無理なく勉強を続けられます。大学に行くのにくらべて、授業料が安くなるという経済的なメリットもあります。

需要の高い資格なので就職しやすい

社会福祉士になるには勉強が必要です。通信教育だったら、勉強を続けやすいメリットがあります。この資格を取った場合は、働ける場所が多くなります。代表的な就職先は、福祉の施設ですが、それ以外の場所でも働けます。例えば、医療のソーシャルワークとして働くことができます。この仕事は、今後有望なものです。高齢化社会の進展により、老人ホームなどの介護施設に入るお年寄りが増えています。病院から介護施設に入る時の橋渡しをするのが、医療ソーシャルワーカーです。一人暮らしのお年寄りが、自分に合った施設に入れるように援助することがあります。教育や司法の場でも働く場所が見つかります。人を助ける仕事なので、助けた人から感謝されて、生きがいを感じることが多いです。公務員として働く人もいます。

勉強がしやすい講座を選ぶようにする

通信で勉強する時は、勉強のしやすさを考慮に入れて、学校を選びましょう。特にテキスト学習がしやすいところを選ぶのが大切です。テキストの学習は、自分一人でしなければなりません。テキストの内容が分からないこともあるでしょう。そんな時は、先生に質問する必要があります。ネットを使った学習ができるところだったら、質問も簡単になります。メールを使って質問すれば、先生が返信してくれます。もう一つ大切なことがあります。スクーリングを受けやすい学校を選びましょう。どんな人でも、スクーリングには出なければなりません。スクーリングを週末に開いてくれる学校だったら、参加しやすいです。それから自分の家とスクーリングの会場の距離を確かめましょう。距離が遠かったら、参加しにくいです。

ピックアップ記事

社会福祉士資格を通信でとって企業に就職<

社会福祉士とは、福祉系三大国家資格のうちのひとつです。精神保健福祉士・介護福祉士と並ぶ福祉分野のエキスパートであると言えます。主な仕事内容は、医療や福祉、教育施設等において、病気や障害が原因で日常生活...

通信教育で受験資格を取得して社会福祉士になろう

これからの社会福祉を具現化していく役割を担うものに、与えられる国家資格が社会福祉士です。国民が幸せに暮らしていくために必要な支援を行っていく専門職であり、人間愛に基づいた倫理観や価値観、人や社会のシス...

ニーズの高まる社会福祉士を通信で目指す

日本社会は高齢化が進んでいるといわれています。それにより、福祉という物の重要性について多くの方が認識し始めてきました。ニュースなどでも福祉の在り方について取り上げられることも増えてきています。高齢者に...